三井住友アセットマネジメント

ホーム

お気に入りファンド

文字サイズ

Quality of Life

Quality of Life

社員が考える「お客さまのQOL」

2017年

  • 総務人事部人事課

    QOL×社員

    家庭と仕事を両立できるような働き方を望む人、勉強する時間を確保したい人、大きな責任を持った仕事を望む人…キャリア観はまさに十人十色。そうした多様なニーズのあるSMAMの人事の一員として私は、一人一人が企業の目標と一致する働き方ができるよう、日々社員の声に耳を傾けることを意識しています。そして社員の「QOL」が向上し、活き活きと働けるような環境作りに邁進していきます。
    例えば、2016年10月に導入した在宅勤務。主に育児や介護に直面した社員において通勤の負担などが軽減することで、働き続けることのできる環境を整えました。これは“オフィスに出社”という従来の前提を崩したもので、当初は周囲の戸惑いもあったものの、現在はうまく軌道に乗ろうとしています。今後は多様な働き方を支援する仕組みの一環として、自宅に限らず、また育児や介護に限らず、必要とする社員全員が利用できるよう広げていきます。
    「QOL」向上を推進する立場である私自身も、衣食住の充実した家庭生活を重視しつつ、仕事の時間は集中的に取組む…というメリハリのある「QOL」を日々意識していきます。

  • 資産運用サポート部

    QOL×セミナー

    マイナス金利、物価上昇、少子高齢化。昨今私たちを取り巻く環境は大きく変化し、今後の備えとして資産形成の必要性が高まっています。しかし、資金の必要性を訴えるありふれた投資啓蒙では、特に初心者にとって資産形成に楽しさを見い出すことは困難です。
    私は、資産形成は人生や生活における選択肢を増やす、可能性に満ちた楽しいツールだと考えています。
    必要性に迫られて資産形成を始めるのではなく、ぜひ夢を叶えるため、QOL、つまり人生の質を豊かにするための手段として、前向きに資産形成を活用していただきたいと思います。
    そのために、資産形成を始める第一歩としてお客さまが参加したくなるような、楽しく、元気が出るセミナーを企画することが私のミッションです。セミナーでお届けする人生を楽しむアイディアやわくわくする情報をもとに、お客さまが“したいこと”を見つけ、その実現に向けて前向きに資産形成を始めていただければと願っております。

  • 企画部企画2課

    QOL×商品

    2017年3月に新規事業の推進責任者を命じられて以来、私たちは何をすべきかを日々考えてきました。そこで辿りついたのが「資産形成を通してお客さまのQOL向上をサポートできる金融商品」というコンセプトです。
    われわれ資産運用会社は、ともすれば、利回り、分配金あるいはボラティリティといった商品スペックの競争に陥りがちですが、いちばん大切なことは「お客さまの資産運用の目的」であるという当たり前のことに気づきました。マイホーム購入の頭金、子どもの将来の教育資金、豪華クルーズ旅行などお客さまの目的は様々ですが、その時々の人気商品や新商品が必ずしも最適な商品であるとは限りません。お客さま一人ひとりの目的に寄り添った商品を、楽しみながら資産形成ができるサービスとともにご提供することが私たちのミッションです。もっと身近に感じていただける投資信託を開発いたします!

  • 営業推進部直販管理課

    QOL×直販

    直販管理課は、当社で運用している投資信託を、販売会社を経由せず、お客さまへ直接販売するための手続きをするところです。
    私が考える“お客さまのQOL向上”は、お客さまがワクワクできる夢の実現のために資産形成をしていただき、その夢を実現していただくことです。
    投資初心者の方へ投資信託を広めよう、という志から始まった部署ですので、SMAM投信直販ネット(直販専用ホームページ)には、初心者の方向けのコンテンツがたくさん揃っています。特に「あなたの夢はいくら?」というコンテンツは、夢の実現のために資産形成を始めてみたい!という気持ちにさせてくれる内容になっています。
    先日、当社では「始めよう投資信託セミナー~あなたの未来のQOL向上~」を開催しました。運用商品のご提供だけではなく、様々な側面でお客さまのQOL向上をサポートすることができ、非常にやりがいを感じています。これからもお客さまのたくさんのワクワクとQOL向上に貢献していきたいです。

  • 当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
  • 当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
  • 当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

ページ上部へ