総合レーティング(モーニングスターレーティング)

  • モーニングスター株式会社によるレーティング評価を掲載しています。過去3年間、5年間、10年間のファンドのリスク調達後パフォーマンスがカテゴリー(小分類)内のファンド群の中で相対的にどのランクに位置するかを黒い星印で示したものです。1つ星から5つ星まで5段階のランクがあり、星の数が多いほど過去の運用成績が良かったことを示しています。5つ星が最も良かったグループのファンド、1つ星が最も悪かったグループのファンドということになります。
  • モーニングスターレーティングはモーンニングスターカテゴリー(小分類)内におけるリスク調整後リターンによる評価となっています。モーニングスターレーティングの概要は以下の通りです。
  1. 分布状況
    ★★★★★
    :上位 0.0%~10.0%以下
    ★★★★
    :上位10.0%超~32.5%以下
    ★★★
    :上位32.5%超~67.5%以下
    ★★
    :上位67.5%超~90.0%以下
    :上位90.0%超~100.0%
  2. 評価対象ファンド

    モーニングスターで情報配信している全ファンド(※)のうち、運用期間3年以上のファンド(モーニングスターカテゴリー(小分類)内のファンド数が10本以上の場合)

    (※)追加型株式投資信託のうち、以下のものは除きます。
    「マネープールファンド、限定追加型ファンド」

  3. モーニングスターレーティングの計算期間

    3年(36カ月)、5年(60カ月)、10年(120カ月)それぞれの期間でのトータルリターンを元に、3年レーティング、5年レーティング、10年レーティングを算出しています。

  4. 総合レーティングの計算方法

    総合レーティングは、3年、5年、10年を以下のように加重平均
    3年以上5年未満のファンド・・・3年レーティング
    5年以上10年未満のファンド・・・3年レーティング×0.4+5年レーティング×0.6
    10年以上のファンド・・・3年レーティング×0.2+5年レーティング×0.3+10年レーティング×0.5

    モーニングスターレーティング(星印での5段階評価)のもとになっている数値が「モーニングスターレーティング値」です。
    リスク調整後のパフォーマンスは以下の式で求められます。

    標準偏差は、ある測定期間内のファンドの平均リターンから各リターン(例えば月次リターン、年次リターン等)がどの程度離れているか(すなわち偏差)を求めることによって得られる統計学上の数値です。この数値が高い程、ファンドのリターンのぶれが大きくなります。例えば、同一のリターンが期待される2つのファンドがあった場合、標準偏差が大きいほど期待したリターンが乖離した結果となる可能性が高くなります。