三井住友アセットマネジメント

ホーム

お気に入りファンド

文字サイズ

確定拠出年金 確定拠出年金

BEGINNER

今、注目の確定拠出年金って何?

確定拠出年金(以下DC)は税制優遇を得ながら将来のための資産形成ができる、大変お得な制度です。
DCには「個人型(iDeCo)」と「企業型」の2つがあります。「個人型(iDeCo)」に関しては、加入対象者が2017年1月から拡大されることで、原則すべての現役世代が加入対象になりました。

個人型(iDeCo)と企業型の違い

個人型(iDeCo)と企業型の違い

※1:2017年1月から企業年金加入の企業従業員及び専業主婦、公務員が加入対象になります。

※2:企業の規約によっては、企業の掛金に個人が上乗せできる場合もあります。

上記以外にも「積立限度額」などについて異なる点があります。

加入者対象と積立限度額について 加入者対象と積立限度額について

以下のページでは、iDeCo(イデコ)を中心に制度の概要や特徴などについて説明します。

マンガ・イラストで学ぶ

  • iDeCoガイドブック iDeCoガイドブック

    iDeCoガイドブック

    イラストで楽しく学べるiDeCo(イデコ)の解説ガイドブックです。制度の概要や特徴、税制メリットについてわかりやすく説明します。

  • インベスターZ DCで資産形成 インベスターZ DCで資産形成

    インベスターZ DCで資産形成

    大人気漫画「インベスターZ」とコラボ!インベスターZを読みながら確定拠出年金(DC)制度の基礎が学べます。

日本の年金制度について

日本の年金制度は、大きく分けて公的年金と私的年金の2種類に分類されます。
公的年金には、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人の加入が義務づけられている国民年金、企業の従業員が加入する厚生年金保険等があります。厚生年金保険は全国民共通の国民年金に上乗せして支給されます。
私的年金は、公的年金の上乗せとして将来の生活資金に備える自助努力の制度であり、様々な制度の中から自分に合ったものを選択することができます。

私的年金には、主に確定給付型と確定拠出型の2種類があります。確定給付型とは、加入した期間などに基づいてあらかじめ給付額が定められている年金制度で、確定給付企業年金(DB)制度等があります。
一方、確定拠出型とは、拠出した掛金額とその運用収益との合計額を基に給付額を決定する年金制度です。加入者自らが資金の管理・運用を行い、将来の生活設計を立てる必要があります。確定拠出型には確定拠出年金(DC)制度があります。

(注)2015年10月に共済年金は厚生年金に統合。

確定拠出年金(DC)とは

確定拠出年金(DC)とは、将来のための資産を自分で準備する資産形成の仕組みです。自分で毎月の掛金額を決めて、資産を積み立てていきます。積み立てた資産は、原則60歳以降に受け取ることができます。2017年1月から、原則、全ての国民が加入対象になりました。(※)

※ 国民年金保険料を納める60歳未満の国民

資産の積み立てのながれ

  • 拠出 拠出
  • 管理 管理
  • 給付 給付

個人型と企業型

確定拠出年金には、企業が制度を導入して従業員を対象に運営する“企業型”と個人や企業型年金のない企業の従業員等が加入できる“個人型”があります。個人型は、「iDeCo(イデコ)」individual-type Defined Contribution pension planの頭文字)という愛称で親しまれています。

(厚生労働省より作成)

※ 企業年金加入の企業従業員(=国民年金第2号被保険者)及び専業主婦(国民年金第3号被保険者)、公務員が加入対象になります。

確定拠出年金の特徴

特徴1

税制優遇がある

「積立」・「管理」・「受取」それぞれの局面で税制上の優遇が受けられます。

詳しくはこちら

特徴2

商品を自由に選べる

提示された商品ラインナップの中から商品を選ぶことができます。
選択できる主な商品には、投資信託、保険、預金などがあります。

特徴3

ポータビリティがある

積立資金は個人ごとに管理されているため、転職時には自分で所有する資産として転職先に持ち運びできます。

詳しくはこちら

特徴4

原則60歳まで引き出し不可

確定拠出年金は税制優遇によって老後のための資産形成を促すことを目的としており、60歳までは原則として引き出せません。

特徴5

受け取り方を選べる

一括受取り、分割受取り、もしくはその両方から自由に選ぶことができ、退職所得控除(一括受取りの場合)、公的年金等控除(分割受取りの場合)が活用できます。特に退職所得控除は大きな非課税効果が期待できます。(※)

※ ケースにより非課税効果が異なります。

確定拠出年金の税制について

加入者と上限金額

確定拠出年金の掛金については、拠出限度額が決められており、これを超える掛金拠出は認められません。

個人型(iDeCo)の場合

■掛金の上限額(月額)

自営業者等・・・68,000円

※ 国民年金基金に加入している場合、または国民年金の付加保険料を納付している場合は、それぞれの掛金または保険料と合わせて68,000円が限度額です。

会社員・・・23,000円
公務員・・・12,000円
専業主婦・・・23,000円
毎月の掛金額は5,000円以上、1,000円単位で設定することができます。

※ 2017年1月から企業年金等(企業型DC、確定給付企業年金等)に加入している方も個人型DC(iDeCO)の加入対象に加わりました(企業型DC加入者については規約に定めた場合に限る)。企業年金等に加入しており、企業型DCのみ加入している方の年間限度額は年額24.0万円(月額2.0万円)。企業型DCのみに加入している方以外の方の年間限度額は年額14.4万円(1.2万円)になります。

企業型の場合

■掛金の上限額(月額)

企業型確定拠出年金の掛金は会社が負担し、会社は掛金を資格や勤続年数などに応じて毎月拠出します。
(拠出した掛金は個人別の専用口座で管理されます。)
企業型では、会社が規約に定めれば、従業員が会社の積立金額に資金を上乗せする「マッチング拠出」が利用できます。マッチング拠出は従業員が任意で利用することができますが、上限金額(※)には注意が必要です。

※ 会社の積立金額を従業員本人の積立金額が上回ることはできません。また会社の掛金との合計で拠出限度額を超えることはできません。

制度改正で使いやすく

新着情報

<重要な注意事項>

  • ■ 当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • ■ 当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
  • ■ 当資料の内容は将来予告なく変更されることがあります。
  • ■ 当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
  • ■ 当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ■ 当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
  • ■ 当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

ページ上部へ