三井住友アセットマネジメント

ホーム

お気に入りファンド

文字サイズ
投資信託とは 投資信託とは

黒帯編もいよいよ最終章です。ここでは、投資初心者に最もオススメな投資信託(投信)について学んでいきましょう。

投信とは、複数の投資家からお金を集め、それをファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが、みなさんに代わって投資してくれる金融商品です。投資家1人の資金力でいろいろな金融商品に投資しようとしても、金銭的に限界がありますよね。そこでたくさんの投資家からお金を集めることでさまざまな金融商品への投資が可能となるわけです。つまり、投信には「少額でできる」「分散投資ができる」「プロに任せられる」といったメリットがあるわけです。

さて、投信の運用先ですが、その多くは国内外の株式や債券、不動産投資信託(リート)や金融派生商品(デリバティブ)など。ですから、投資先の市場環境などによって、運用成績は日々変化してきます。つまり、投信ごとに「リスク・リターン」の度合いが異なり、もし運用が失敗した場合は元本を割り込んでしまうこともあるわけです。

では、投信にはどのような種類があるのでしょうか? ここでは、ベーシックなものをご紹介しましょう。まず、投信には、追加型と単位型があります。ほとんどの追加型は自分の好きなときにいつでも売買することができます。一方、単位型は募集期間が限定されています。それぞれメリットやデメリットがあります。

大切なのは、投信の選び方です。前述したように投信の運用方針によって投資先は異なりますので、自分の目的とする資産形成スタイルに合った投信を選ぶ必要があります。たとえば、収益性は低くてもできるだけ元本割れリスクが少ないものにするのか(公社債投信)、積極的に利回りや値上がり益を追求するのか(株式投信)、また分配金を重視するのか(毎月分配型投信)などによって、投資対象や投資地域を選ぶといいでしょう。一方、バランス型と呼ばれる投信では、国内外の株式や債券、リートやデリバティブ商品など、同じ投信の中で複数の市場や資産にバランスよく分散して投資を行うものもあります。つまり、バランス型を選ぶことで自然と分散投資を行ったことになるわけです。なお、NISA・ジュニアNISAで投資できるのは株式投信だけで、公社債投信はNISA・ジュニアNISA制度の対象外です。

最後に、投信には基準価額というものがあります。これは、株式投資でいうところの株価のようなもの。投信の価値は日々変動していますので、この基準価額によって、運用が上手くいっているのか、また、自分の投信がいくらになっているのかを知ることができるわけです。また分配金が支払われるとその分基準価額は下がりますので、分配金もあわせてみたほうがいいでしょう。

用語集
用語集
【金融派生商品】
株式や為替、金利や債券などから派生した取引の総称。本来はリスクヘッジの目的から始まった取引だが、少ない資金で多くの取引ができることから、現在では投機的な目的で使われる使われることも多い。
【投信の運用方針】
投信の実際の運用は投信委託会社が行い、それぞれの投信ごとにどのような運用をするのかをあらかじめ設定する。投信には必ず目論見書というものがあり、どのような金融商品に何を目的として、どれくらい投資するのかなどが書かれている。
【公社債投信】
株式などの値動きの激しい金融商品を避け、国債や公債、または社債などを中心に運用する投信のこと。投資先の利払いなどが確定しているため、比較的リスクが低く、安全性が高いとされている。
【株式投信】
株式への投資を行うことができる投信のこと。株式投信にもさまざまな種類があり、高配当銘柄ばかりに投資するものや、バイオ関連株に投資するもの、なかには2020年の東京五輪に関連する企業に投資するものなどもある。株式投信の中にも主に公社債に投資するものがある。
【毎月分配型投信】
1カ月ごとに投信の決算を行い、収益の一部を分配金として毎月出す投信のこと。ただし、分配金が高い投信が必ずしもいい投信とは限らない。主に海外の債券や社債などに投資し、その金利収入を分配している投信が多い。また、運用状況等によって分配が行われない場合もある。
【投資地域】
投信によって、国内の金融商品だけに投資するものや、海外の金融商品に投資するもの、またはその両方に投資するものがある。海外に投資するもののなかには、投資対象の値動き以外にも、為替によって収益が変動する場合がある。
【バランス型】
複数の市場や資産に分散して投資を行う投信のこと。たとえば、「国内株式25%、外国株式25%、国内債券25%、外国債券25%」といったように資産の配分がバランスよく取れているものもある。

ページ上部へ