三井住友アセットマネジメント

ホーム

お気に入りファンド

文字サイズ
インデックス投信とアクティブ投信 インデックス投信とアクティブ投信

投信の運用スタイルは、大きく分けるとインデックス型とアクティブ型の2種類に分類されます。ここでいう「インデックス」とは指数のことです。つまり、インデックス型は、日経平均株価やTOPIXといった指数に連動するように設計された投信で、「インデックス投信」や「インデックスファンド」と呼ばれています。

一方、アクティブ型は、指数を上回るパフォーマンスを目標とするものです。たとえば、日経平均株価を上回る運用を目指すのであれば、日経平均株価が上昇している場合にはそれ以上のリターンを、逆に下落しているときにはそれ以下にリスクを抑えることを目指すものです。こちらは「アクティブ投信」や「アクティブファンド」と呼ばれます。

インデックス投信とアクティブ投信には、それぞれメリットとデメリットがあるため、一概にどちらが有利とは言えません。ですから、投資家自身が目指す運用スタイルによって選ぶのがいいでしょう。では、それぞれの利点を紹介していきましょう。

まず、インデックス投信は、信託報酬などのコストが安く設定されているのが特徴です。これは指数への連動を目指すことから、組み入れる銘柄もある程度は必然的に決まってくるため、銘柄の調査や分析といった手間がかからないためです。逆に、アクティブ投信では、運用者であるファンドマネージャーの手腕が問われるため、コストはインデックス投信に比べて割高になります。運用パフォーマンスによるリスク・リターン度は、インデックス投信が市場平均並みなのに対し、アクティブ投信はそれ以上となります。

また、アクティブ投信のなかには、株式市場で旬のテーマとなっている銘柄に投資するものもありますので、どちらかというとインデックス投信に比べて、短い期間での資産運用と考えたほうがいいものもあります。一方、コストの安いインデックス投信では、長期間にわたって資産を形成していくといった使い方がいいかもしれません。ただし、その場合でも、どのような指数に連動する投信を選ぶかは投資家の腕の見せどころです。もちろん、黒帯編で学習したように、インデックス投信といくつかのアクティブ投信を組み合わせて分散投資を行うのも有効です。また、インデックス投信を毎月定額で積み立てていけば、価格が高い時には少なく、価格が低い時には多く購入する、ドルコスト平均法とよばれる手法で、さらにリスクを抑えることも可能です。

インデックス投信、アクティブ投信ともにさまざまな種類が販売されていますので、一度、ご自身でどんな投信が存在しているのかを確認してみてはいかがでしょうか。

用語集
用語集
【運用スタイル】
運用は短期なのかそれとも長期なのか、またリスクを抑えた運用をしたいのか、それともある程度リスクを取っても大きな収益を狙いたいのか。投資家の将来設計と目標によって、その運用のスタイルはそれぞれ異なる。
【指数に連動】
日経平均株価やTOPIXといったポピュラーな指標のほかにも、新興市場のジャスダックや、最近では年金資金がベンチマークとする「JPX日経インデックス400」、米国のモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが設定する「MSCI」など、さまざまな指数が存在する。
【信託報酬】
信託報酬は、投信を管理・運用してもらうための手数料のこと。信託報酬は通常、年率で記載されているが、実際には日割りで計算されて差し引かれている。アクティブ投信のなかには信託報酬が非常に高額なものもあるので、長期で保有する場合には要注意。
【テーマ】
株式市場では、業績以外でも特定の分野の株が注目されることは珍しくない。そのひとつが、テーマと呼ばれるもので、最近では、東京オリンピックやマイナンバー、インバウンド(訪日外国人)などが話題となった。

ページ上部へ