三井住友アセットマネジメント

ホーム

お気に入りファンド

文字サイズ

NISAガイド

BEGINNER

NISA(ニーサ)とは

「少額投資非課税制度」の愛称であり、イギリスの個人貯蓄口座「ISA(Individual Savings Account)」を参考に、2014年1月から日本で導入され、「NISA(Nippon Individual Savings Account)」と名付けられました。 NISA口座を通じて公募株式投資信託や上場株式等を購入すると、値上がり益や分配金等に対する20.315%の税金が非課税になります。2023年まで口座開設が可能で、毎年120万円(2015年までは100万円)までの投資資金から得られる収益を最長5年間非課税にできます。

※1
具体的には、公募株式投資信託、上場株式、上場優先出資証券、上場受益権(ETF)、上場投資口(REIT),上場新株予約権、上場新株予約権付社債(CB)外国金融商品取引所に上場するこれらの金融商品が対象です。
※2
非課税口座開設年の1月1日現在で満20歳以上の日本居住者です。
※3
2015年までは年間上限100万円

2016年1月以降の変更点

非課税投資枠が拡充、年間100万円から120万円に!

NISA口座で購入可能な商品

NISA口座を利用した場合、投資信託※、上場株式、ETF、REIT(不動産投資信託)等への投資から得られる収益が非課税の対象となります。
預貯金や公社債・公社債投信、金投資やFX(外国為替証拠金取引)、商品先物等は対象ではありません。
※投資信託は、基本的に公募株式投資信託が対象です。

NISAのイメージ図

2020年から2023年まで、非課税投資枠の利用額は最大600万円となります。

NISA口座と特定口座・一般口座の比較

NISA口座では値上がり益や分配金等が非課税に!

NISA口座 0%

NISA口座イメージ図
事例1 120万円で投資信託を購入し、150万円で売却した場合
事例2 120万円で投資信託を購入し、5年間毎月2千円(年2万4千円)の普通分配金を受け取った場合

NISAの留意事項

① 現在保有している証券をNISA口座へ移すことはできません。
NISAは新規に始める投資に対して適用されますので
すでに他の口座で投資をしていても、その資産をNISA口座に移すことはできません。
② その年に余った非課税枠を翌年に繰り越すことはできません。
NISA口座での年間投資非課税額は120万円が上限です※。120万円以内であれば、一括で利用しても分割で利用しても大丈夫です。ただし120万円の非課税枠を使い切らなかったとしても、残った枠を翌年以降に繰り越すことはできません。例えば、2016年のNISA口座での累計購入額が90万円だった場合でも、残りの30万円を2017年の非課税枠に上乗せすることはできません。※2015年までは上限100万円
③ 途中売却は自由にできますが、売却した分の投資枠は再利用できません
NISA口座で購入した資産はいつでも自由に売却することができます。
ただし売却した分の投資枠を再利用することはできません。
例えば、NISA口座で120万円分の資産を購入後、うち50万円分を売却したとしても、50万円分の非課税投資枠は復活しません。
④ NISA口座で発生した損失はなかったものと見なされます
NISA口座で保有する投資信託等を売却した結果、譲渡損失が発生した場合、当該損失はないものとみなされます。そのため、NISA口座で発生した損失は繰越控除や損益通算の対象になりません。
⑤ NISA口座は、損益通算ができません。
損益通算とは、いくつかの金融商品を持っている場合に、それぞれの利益と損失を合算して計算し、トータルの損益で税額を決定する方法です。一般口座や特定口座といった課税口座同士なら損益通算ができますが、NISA口座は他の口座との損益通算はできません。なお、NISA口座の投資分については、確定申告の必要はありません。
⑥ 最長5年の投資期間終了後は、3つの選択肢があります。
最長利用期間の5年が終わる時、必ずしも売却することはありません。翌年以降の対応には、3つの方法があります。
  1. 一般口座や特定口座といった課税口座に変更する。
    ※課税口座に変更すると、それ以降は収益に対して20.315%の税金がかかります。
  2. 翌年分の新たな非課税投資枠に時価で移管する。
  3. 売却する。

ページ上部へ