三井住友アセットマネジメント

ホーム

お気に入りファンド

文字サイズ

NISAガイド

BEGINNER

NISAの活用法

NISAは、非課税で投資ができるお得な制度なのはわかったけど、実際にどうやって活用すればいいのかわからない。そんなあなたに、年代別のライフイベントや目的に応じたNISA活用法をご紹介します。

年代別活用法

20代のあなたなら

20代の家計は、他の現役年代(30代~50代)と比べるとまだ収入が少ないため、食費、家賃、光熱費などの生活費の割合がどうしても大きくなってしまうのが特徴です。 このため、「つかう」ためのお金が大半になり、「ふやす」ためのお金にまわせる余裕はあまりないのが現実かもしれません。しかし、当たり前ですが、この年代は他のどの年代よりも長い期間の投資が可能です。定年までに30年から40年、平均寿命まではなんと半世紀におよぶ時間が残されている、時間というアドバンテージを持つ年代です。そんなアドバンテージを最大限に活用して、月々数千円でも投資に回し、コツコツじっくり長い時間をかけながらお金を育ててみてはいかがでしょう。
長期投資が可能なこの年代なら、株式を組み入れた投資信託など積極運用のタイプを選択してもよいでしょう。たとえば、世界の株式や債券に分散投資できるバランス型の投資信託の中でも、株式の比率が高めのものなどです。コツコツじっくり時間をかけて投資することで、株式が持つ価格変動リスクも低減していけるためです。小さなお金からでも、まずは始めてみることが大切です。

オススメ運用方法:積立投資でコツコツ

30代のあなたなら

20代に比べ家計収入などは上がっているかもしれません。しかしその分、将来の子供の教育費に備えたり、マイホームを購入したりするための「ためる」お金、あるいはローンの「返済にまわす」お金などが増えてくるのがこの年代の特徴と言えるでしょう。
このため20代と同じように、「ふやす」にまわせるお金には限りがあるのが現状でしょう。とはいえ、お金の出入りが増えてもしっかり管理ができれば、30代もコツコツじっくりお金を育てる時間は十分に残されています。使うまで10~20年あるような「余剰資金」についてはしっかり運用に回し、着実な資産形成を目指したいところです。
出費が発生する時期や金額がある程度明確なお金については、比較的値動きの小さい国内債券を中心とした債券型の投資信託での運用をお勧めします。一方で、「余剰資金」については、20代同様、積極運用タイプの投資信託を活用してもよいでしょう。

オススメ運用方法:積債券型投信で着実に

40代のあなたなら

この年代の世帯の家計支出の特徴は、子供の成長にともない、授業料や学習塾などの教育費の増加が目立ってくることです。実際、家計支出に占める教育費の割合は、ほかのどの年代よりも大きくなります。そのうえローンの「返済にまわす」お金がまだまだ多く残っているのが特徴です。
しかし、この年代は家族の未来の基盤づくりにとっては最も重要な時期でもあります。仕事では責任ある職務を任されるころで、それに見合ったかたちで収入の増加が期待できます。「ふやす」にまわせるお金を最大化させるために、できるだけ賢い出費と無駄の排除が必要になるかもしれません。またこの年代であれば、定年までの期間は10~20年程度あり、まだまだ投資期間も十分あります。ただし、積極的に運用するというよりは、安定的な成長を目指すタイプの投資信託、たとえば、世界の株式と債券の分散投資ができるバランス型の投資信託で、株式と債券の比率が同程度のタイプをご検討されてはいかがでしょう。

オススメ運用方法:バランス型で安定的な成長

50代のあなたなら

この年代は、一般に全年代の中で最も収入が高くなる時期といえます。とはいえ、一般的に子供が大学に入学する年代であることもあり、50代前半は学費の割合が急速に増える一方、50代半ば以降は、子供たちが独立していくことで、子供に関する費用の割合が下がる傾向にあります。
いずれにしても50代は、働きながら老後に備えるラストスパートの時期といえそうです。その意味では、すぐには使う当てのない余剰の資金があるならば、40代同様にできるだけ「ふやす」お金にまわすことが重要です。ただし、老後のために備える時間も多くはとれないことから、安定運用のタイプを利用したいところです。たとえば、世界の株式と債券に分散投資できるバランス型の投資信託で、株式よりも債券の比率が高い、比較的値動きを抑制したもので、しっかり運用していくとよいでしょう。

オススメ運用方法:さまざまな投資を経験し、自分スタイルを確立!

60代のあなたなら

50代で引退される方、60歳で引退される方、70歳になっても現役の方もいれば、一度引退して再就職される方もいることでしょう。リタイア(引退)時期に関する考え方は人それぞれですが、いずれにしてもリタイア後は、これまでコツコツじっくりと育ててきた資産を有効に「つかう」側に回り、それまで以上に人生を存分に楽しむことを優先させてほしいものです。
ただし、長寿の国に生きるわたしたちは、リタイア後の期間が長くなることも忘れてはいけません。これから続く長い老後に備えるためにも、60歳からの20年~30年を見据えた資産管理は必要です。たとえば、半年後の旅行資金等の短期間で使うお金は現預金もしくは国内債券などの値動きの小さい資産で保有しつつ、しばらく使う予定のないお金は運用を継続しておくことも有効です。その際は、資産の配分バランス・目的・使う時期をよく考慮して、値動きを抑制した安定運用をおすすめします。

オススメ運用方法:低リスク運用を中心に長期的視野で

※上記はご参考として年代ごとのおおまかな特徴を例示したものであり、すべてのケースにあてはまるものではありません。また、グラフはイメージであり、具体的な資産配分を推奨するものではありません。

目的別活用法

値動きの大きなものは避け、安定重視で運用したい

同じ投資信託でも、国内株式や外国株式に投資しているものは、国内債券や外国債券に投資しているものに比べ値動き(リスク)が大きく、高い収益(リターン)が期待できる一方で、値下がりし投資元本が目減りすることもあります。大きく損をするのが耐えられない、手堅く安定的な運用をしたい、というあなたには、国内債券を中心とした債券型の投資信託やバランス型の投資信託で債券の比率が高い商品がおすすめです。

また、より値動きを抑えるためには、長期投資が有効です。投資する期間が長くなるほど、1年あたりの投資信託の価格の振れ幅が小さくなり、収益の安定化が期待できます。日々の値動きに一喜一憂せず、長い目で資産の成長を見守ることが大切です。

保有期間別の年平均収益率(1990年12月末~2014年12月末)

金融資産の種類、リスクリターンの説明についてはこちら「資産形成のみちしるべ」

積極的に値上がり益を狙いたい

投資をするなら大きな利益を狙いたい、というあなたには、株式やリートを中心とした積極運用がおすすめです。ただし、外国資産では投資対象の価格変動に加えて、為替の影響を受けるため、より値動きが大きくなる傾向がある点については注意が必要です。

また、積極投資を行う際は、リスクを分散しておくことが大切です。価格の動きが異なる投資先をいくつか組み合わせておくことで、1つの資産が値下がりしても、別の資産の値上がりでカバーできたりと、利益を平準化することで全体としてリスクを抑えることができます。分散にはいろいろな組み合わせがあり、同じ資産でも、国内株式と外国株式というように、投資する国・地域が異なるものを組み合わせる方法もあります。

組み合わせの例
組み合わせの例 ※上記はイメージです。

金融資産の種類、リスクリターンの説明についてはこちら「資産形成のみちしるべ」

定期的に分配金を受取りたい

定期的に分配金を受取りたい、というあなたには、年に複数回決算を行い、その都度分配金を受取れるファンドがおすすめです。ただし、投資信託の分配金は預貯金の利息とは異なり、市場環境によっては減額や分配自体が行われない可能性があります。また、分配金は投資信託の純資産から支払われるため、分配金が支払われると、その分投資信託の価格は下がる点に注意が必要です。

投資信託で分配金が支払われるイメージ
投資信託で分配金が支払われるイメージ

ページ上部へ