CEOメッセージ

私たち三井住友アセットマネジメントは、資産運用会社に求められる第一義的な役割は、良好な運用パフォーマンスの提供であり、そのためにはリサーチ力の強化が必要不可欠であると考えております。

継続的に成長できる企業の選定には、無形資産であるブランド価値や開発力、従業員のモチベーションなどを含めた企業の非財務要素の分析も重要であると考え、従来から、財務要素だけでなく、非財務要素を企業分析・評価のスキームに組み込むことで、より質の高いリサーチおよび運用パフォーマンスの向上を目指してまいりました。
近年、中長期的な企業価値に影響を与える非財務要素として環境・社会・ガバナンス(ESG)要因に注目が集まっておりますが、非財務要素が中長期的な企業価値に影響を与えるとの考え方は、当社が取り組んできたリサーチの方向性と一致すると考えております。

ESGに代表される非財務要素の分析を明示的に行うことは、より高次元のリサーチにつながり、運用パフォーマンスの向上に寄与するとともに、企業との対話を通じてESG課題への取組みを促進させ、ひいては企業の長期的業績向上にも資することになると考えております。そして、企業の長期的業績の向上は、社会の健全な発展に寄与するものと信じております。

私たちは、今後とも、非財務要素の分析を含む、より質の高いリサーチおよび運用パフォーマンスの向上を追求し、お客さまの中長期的な資産形成に貢献してまいります。