クロスボーダー担保取り決め
(くろすぼーだーたんぽとりきめ)

カテゴリ : 

中央銀行が、外国国債などを担保に自国通貨による資金供給を行う仕組み。金融のグローバル化に対応し、自国に拠点を置く金融機関への資金供給手段を拡充して市場の安定性を確保するのが目的です。日銀は現在、米国、英国、ドイツ、フランスの国債を日本円による資金供給の担保として受け入れています。アジアでは、タイ中銀が2011年11月からタイ・バーツ供給の担保として日本国債を受け入れています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます