裁定取引
(さいていとりひき)

カテゴリ : 

金利差や価格差に注目して、割安な投資対象を買い、割高な投資対象を売るポジションを取ることで、両者のサヤを抜こうとする手法。両者の価格が収縮したとき反対売買を行うことで投資収益をあげることができます。「アービトラージ(Arbitrage)」「サヤ取り」「スプレッド取引」ともいいます。かつては投資銀行などの自己勘定部門が行う裁定取引を指すことが多かったのですが、近年ではヘッジファンドの投資手法を指す用語として使われることが増えています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます