信用取引
(しんようとりひき)

カテゴリ : 

株式や資金の貸し借りを通じて、手持ちの資金よりも多額の株式売買をする取引。「買い」の場合、現金や株式を「委託保証金」として証券会社に差し入れ、その約3倍の額の資金を借り入れて株式を購入できます。その後、購入した株式を一定期間内に売却し、借り入れた資金に金利を上乗せして返済します。逆に「売り」は、借りた株式を売り、再び買い戻して株式を返済します。現物取引と異なり、「売り」から始めることができるため、株価の下降局面でも利益を出す機会があるのが特徴です。信用取引には、取引所がルールを定めている制度信用取引とサービスを提供している証券会社がルールを定めている一般信用取引があります。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます