ストックオプション
(すとっくおぷしょん)

カテゴリ : 

取締役や従業員が、あらかじめ定められた価額(権利行使価額)で会社の株式を取得することのできる権利のこと。取締役や従業員にとっては、将来、株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得し、売却することにより、株価上昇分の報酬が得られるという一種の報酬制度となります。報酬額が企業の業績向上による株価の上昇と直接連動することから、権利を付与された取締役や従業員の株価に対する意識は高まり、業績向上のインセンティブとなります。また、結果として、業績向上が株価上昇につながれば株主にも利益をもたらす制度ともいえます。ストックオプション制度は、1997年5月の改正商法で導入され、2002年4月施行の改正商法で「新株予約権の無償発行」として新たに整備されました。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます