スワップション
(すわっぷしょん)

カテゴリ : 

スワップ取引を原資産としたオプション取引のこと。「スワップ」と「オプション」の合成語です。原資産金利スワップがほとんどで、スワップションの買い手にとって、固定金利の受け取り、変動金利の支払いとなるものを「レシーバーズ・スワップション(コール・スワップション)」、固定金利の支払い、変動金利の受け取りとなるものを「ペイヤーズ・スワップション(プット・スワップション)」といいます。一般的に、買い手はコストを確定して将来の金利変動リスクをヘッジするために利用し、売り手は利回り向上のために利用する場合が多くなってます。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます