単元株制度
(たんげんかぶせいど)

カテゴリ : 

株式取引をする際の1売買単位の株式数を会社が自由に決めることができる制度。2001年の商法改正で従来の単位株制度が廃止され、会社は定款で一定の株式数を1単元とすることが可能になりました。これにより売買単位の引き下げが容易になり、個人投資家が市場に参入しやすくなりました。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます