MACD
(まっくでぃー)

カテゴリ : 

英語表記「Moving Average Convergence Divergence」の略で、「移動平均収束拡散法」のこと。株式や為替相場の方向性を探るテクニカル分析手法のひとつで、短期と長期の移動平均線の動きから、売買タイミングを読み取ります。2本のラインだけで表されるため、売買のサインが見やすく、使いやすいとされますが、方向性を探る指標のためボックス相場には弱いといわれています。

MACDは、直近の価格の比重を高くした「指数平滑移動平均線(EMA)」を用い、長短2つのEMAの差を1本のラインで示したMACDラインと、MACDラインの値をさらにある期間で平均したシグナルラインで表します。一般的な算出期間は、MACDラインは12日間(または9日間)と26日間のEMAの差が使われ、シグナルラインでは9日間が使われています。MACDラインがシグナルラインを下から上に抜けると買いシグナル、MACDラインがシグナルラインを上から下に抜けると売りシグナルとされ、MACDラインがゼロラインを上に抜いた場合には上昇トレンド継続、ゼロラインを下に抜いた場合には下降トレンド継続を意味するといわれています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます