TPP
(てぃーぴーぴー)

カテゴリ : 

英語表記「Trans-Pacific Partnership」の略で、太平洋沿いに位置する米国、日本、オーストラリア、シンガポール、チリなど12カ国が締結を目指している広域の自由貿易協定(FTA)のこと。日本語では「環太平洋連携協定」といいます。農産品、工業品の関税の削減・撤廃や、投資や知的財産権など幅広い分野で域内共通ルールを作ることで貿易や企業活動の活発化を狙っています。

2010年に交渉が始まり、日本は13年7月に交渉に加わりました。15年10月に12カ国は大筋合意し、16年2月に協定文書に署名しました。TPPの発効は、域内の国内総生産(GDP)合計額の85%以上を占める6カ国以上の批准が条件で、日米両国が含まれることが必要です。米トランプ大統領がTPPからの永久離脱を指示したことから、現状の協定は実現の見通しが立たなくなりました。このため残る11カ国は、もともとのTPP交渉で米国が示した要求事項を棚上げするなどの調整を行ったうえで、18年3月にTPP11に署名、同年12月30日に発効しました。

TPP交渉の大筋合意を発表する米通商代表部(USTR)代表ら(米アトランタ)【2015年10月撮影】【時事】

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます