電子記録債権
(でんしきろくさいけん)

カテゴリ : 

2008年施行の電子記録債権法に基づき、電子データで管理する新しい金銭債権。国の指定機関の電子帳簿に「発生記録」を書き込むことが手形の振り出しに、「譲渡記録」を追加して書き込むことが手形の裏書譲渡に相当します。電子記録債権は、日銀が金融市場に資金供給する際、金融機関から受け取る担保としても認められています。

衆議院本会議で可決された電子記録債権法案【2007年6月撮影】【時事】

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます