ファンドトラスト
(ふぁんどとらすと)

カテゴリ : 

信託銀行が顧客の資金を預かって株式や債券で運用するサービスのひとつで、委託者が運用の目的物の種類を大まかに指示するだけで、信託銀行の判断で運用する仕組みの信託のこと。「指定金外信託」が正式名称で、略して「ファントラ」と呼ばれています。信託銀行には元本や利益の保証義務はなく、信託期間が終了すると、ファンドに組み入れた株式や債券のまま償還しますが、委託者の要望により現金で償還することも可能です。簿価分離が認められているので、委託者は自ら保有する有価証券と切り離して、機動的に資産運用できるメリットがあります。特定金銭信託とともにバブル経済時代の株高の立役者となりました。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます