マクロプルーデンス
(まくろぷるーでんす)

カテゴリ : 

金融システム全体のリスクの把握を重視して安定を図る政策のこと。個別金融機関の健全性を確保するための金融庁検査や日銀考査の「ミクロプルーデンス」とは対照の概念です。個々の金融機関は健全でも、金融商品の想定以上の価格変動などが金融システム全体を揺るがす状況に対応します。リーマン・ショックによる国際金融危機後、欧米各国は個々の金融機関の健全性確保だけでは不十分との認識から、規制・監督体制の整備を進めています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます