ラップ口座
(らっぷこうざ)

カテゴリ : 

国内外の株式や債券、不動産投資信託(REIT)などに分散投資し、安定的な運用利回りを目指す金融商品。株式などの売買のほか、資産運用のアドバイス、口座管理など幅広いサービスを含むため、「包む」という意味の英語が使われます。手数料は、株式などでは売買ごとに支払うのに対し、ラップ口座は預かり資産残高に応じて支払います。最低投資額は300万~500万円程度まで下がり、一部インターネット証券では、最低投資金額が10万円の所も出てくるなど、退職金を預ける団塊の世代に加え、主婦などにも利用が広がっています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます