劣後債
(れつごさい)

カテゴリ : 

発行企業の倒産時には、一般の債権と比較して弁済順位が劣る債券。企業が発行する社債の一種で、「劣後社債」ともいいます。つまり、普通社債の元利金などが全額支払われた後でなければ元利金が支払われず、社債でありながら株式に近い性質を持っているといえます。その分、利回りは相対的に高めに設定されます。金融機関が発行する劣後債については、制限付きで自己資本への算入が認められているため、金融機関が自己資本比率を高める手段として発行するケースが目立ちます。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます