CFD
(しーえふでぃー)

カテゴリ : 

英語表記「Contract for Difference」の略で、「差金決済取引」のこと。証券会社などの取引業者に証拠金(担保)を預けて、実際に原資産(株式など)に投資するのではなく、原資産の価格や指数を参照して買値と売値の差損益部分を決済する金融商品です。インターネットでの取引が中心で、取引所を介さない取引業者との相対取引となります。取引できる銘柄は、日本株、海外株、株式指数や株価指数先物、為替、商品など広範囲で、売りから入ることも可能です。レバレッジ(てこの原理)を効かせることで、証拠金の何倍もの取引ができるため、小さな資金で大きな利益を得る可能性がある一方で、多額の損失が発生するリスクがあります。株式の現物取引での差金決済取引は金融商品取引法等で禁止されています。

証拠金など顧客から預かった資産の分別管理が法的に義務付けられていないため、業者によっては当該業者の破産などにより証拠金が返還されないリスクがあります。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます