退職所得控除
(たいしょくしょとくこうじょ)

カテゴリ : 

退職金に対する税制上の控除制度のこと。退職金には、住民税所得税がかかりますが、勤続年数に応じた退職所得控除があり、税率も通常の所得より低く抑えられています。

▽勤続年数20年以下の場合
退職所得控除額=40万円×勤続年数
       (80万円に満たない場合には80万円)
▽勤続年数20年超の場合
退職所得控除額=800万円+70万円×(勤続年数-20年)

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます