ダウ理論
(だうりろん)

カテゴリ : 

相場の値動きの特徴を「6つの基本法則」で説明するテクニカル分析の理論。19世紀後半に米国の証券アナリストであるチャールズ・ダウ氏が考案しました。
6つの基本法則とは、
(1)平均はすべての事象を織り込む
(2)トレンドには3種類ある
(3)主要トレンドは3段階からなる
(4)平均は相互に確認されなければならない
(5)トレンドは出来高でも確認されなければならない
(6)トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する
の6つで、「上昇トレンド下落トレンドも継続する」という考え方がベースになっており、現在でもテクニカル分析のバイブル的理論とされています。

6つの基本法則のうち、(1)は、市場価格は需給バランスで決まるため、ファンダメンタルズなど、あらゆる情報が結局は織り込まれてしまうというという意味です。(2)は、トレンドには上昇トレンドと下落トレンドがあり、期間の長さから、長期(1年から数年)、中期(3週間から3カ月)、短期(3週間未満)に大別され、(3)でそれぞれのトレンドには、第1段階の先行期(先行投資家が仕込む時期で動きが緩やか)、第2段階の追随期(上昇銘柄に追随買いが入り急激な価格変動)、第3段階の利食い期(一般投資家も参加し始めるが、先行期に買った投資家は売り抜ける)があると説いています。(4)は、ひとつの指標だけではなく、複数の指標が同じ方向性を示すことでトレンドに確信が持てる。(5)は、上昇局面では出来高が増加し、下降局面では出来高が減少することを示しています。(6)は、市場トレンドは明確な転換シグナルが現れるまで継続するという意味です。古い理論ですが、現在でもテクニカル分析をする際の基本中の基本とされています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます