ボックス型
(ぼっくすがた)

カテゴリ : 

もちあいチャートパターンのひとつで、ローソク足で見た場合は、上値抵抗線下値支持線が平行な形。この範囲内でしばらく動いたあと、もちあい放れして上下どちらかに大きく動くことが多くみられます。上昇トレンドの調整局面で出現し、その後、再び上昇する形を「上昇ボックス型」、下落トレンドの調整局面で出現し、その後、再び下落する形を「下降ボックス型」と呼びます。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます