三角もちあい
(さんかくもちあい)

カテゴリ : 

もちあいチャートパターンのひとつで、ローソク足で見た場合は、上値抵抗線下値支持線の間隔が次第に狭くなる形。三角形のような形状から「三角もちあい」と呼ばれます。「ペナント型」ともいいます。上値抵抗線より下値支持線の角度が大きく、下値が切り上がっていくような形を「上昇ペナント型」といい、上放れすることが多くみられます。下値支持線より上値抵抗線の角度が大きく、上値が切り下がっていくような形を「下降ペナント型」といい、下放れすることが多くみられます。また。間隔が次第に広くなる「逆三角もちあい」「逆ペナント型」というチャートパターンもあります。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます