オペ
(おぺ)

カテゴリ : 

「オペレーション」の略で「公開市場操作」のこと。公開市場操作は、中央銀行の金融調節の主な手段で、中央銀行が金融市場で民間金融機関との間で行う国債等の売買や資金貸し付けなどの取引のことです。一般的には「オペレーション」と呼ばれます。日本のオペレーションには、大きく分けて、日本銀行による資金の貸し付けなど、短期金融市場に資金を供給するオペレーション(資金供給オペレーション)と、日本銀行が振り出す手形の売り出しや日本銀行が保有している国債の買い戻し条件付き売却など、短期金融市場から資金を吸収するオペレーション(資金吸収オペレーション)があります。これらのオペにより、金融市場の資金量(民間金融機関の日銀当座預金の総量)を増減させることで金融調整を行います。

資金供給オペレーションには、「共通担保資金供給オペ」「CP等買現先(かいげんさき)オペ」「国債買現先オペ」「国庫短期証券買入オペ」「国債買入オペ」「CP・社債買入オペ」「ETF・J-REIT買入オペ」、資金吸収オペレーションには、「手形売出オペ」「国債売現先(うりげんさき)オペ」「国庫短期証券売却オペ」などがあり、売買によって「買いオペレーション(買いオペ)」「売りオペレーション(売りオペ)」と呼んでいます。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます