設備投資
(せつびとうし)

カテゴリ : 

企業が事業のために用いる設備に対して行う投資のこと。生産設備の新設、生産能力の拡大、老朽設備の更新・補強、省エネ・省力化、合理化、情報化などのために行うもので、対象には建物や機械設備などの有形固定資産、ソフトウエアや商標権、特許などの無形固定資産の2種類があります。企業が実施する民間投資以外に、国や地方公共団体が実施する公共投資も設備投資の一種です。設備投資は、国内総生産(GDP)を構成する主要な要素のひとつで、景気に大きな影響を与えることから、個人消費とともに景気の両輪といわれています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます