通貨切り上げ
(つうかきりあげ)

カテゴリ : 

固定相場制を採用している国が、自国通貨が強くなるように為替レートの交換比率を対外的に引き上げること。通常は当該国の中央銀行が、ドルに対する交換比率を変動させます。通貨切り上げは、通貨価値の上昇に伴い輸出品の価格も上昇するために輸出先での価格競争力が低下することになりますが、輸入品の価格が下落するメリットがあります。日本や米国など変動相場制を採用している国では、市場原理により適正な為替レートに自動的に調整されるため、通貨切り上げはありません。
通貨切り下げ

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます