債務の株式化
(さいむのかぶしきか)

カテゴリ : 

経営不振企業の有力な再生手法のひとつで、債務(借金)と株式を交換すること。経営不振や過剰債務などに苦しむ企業の債権を保有する金融機関などが、融資を現物出資する形で株式を取得し、債務超過の解消や有利子負債を削減させます。英語表記の「Debt Equity Swap(デット・エクイティ・スワップ)」のことで、略して「DES」ともいいます。

企業再生や財務改善手法のひとつですが、単なる財務体質の大幅な改善だけでなく、債権者が株主になることで、株主として経営に対して指導力を発揮できることから、経営者のモラルハザード抑制や株式価値の向上が図れるなどの効果が期待できます。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます