非不胎化介入
(ひふたいかかいにゅう)

カテゴリ : 

為替介入に際して、自国通貨の供給量の変化を相殺するための金融調節を実施しないこと。為替介入後の資金をそのまま放置するため、介入に伴ってマネタリーベースが増減することから、金融緩和や金融引き締めと同様の効果が得られます。英語表記は「un-sterilized intervention」。
不胎化介入

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます