通貨バスケット制
(つうかばすけっとせい)

カテゴリ : 

固定相場制のひとつで、為替レートを複数の外貨と連動させる制度。外貨の構成比率は、貿易量などによって比重を決め、加重平均して算出するのが一般的です。複数の通貨で構成されているため、特定の通貨が急激に変動しても影響が緩和され、為替相場が安定しやすいというメリットがあります。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます