準備預金制度
(じゅんびよきんせいど)

カテゴリ : 

金融不安などで金融機関の資金繰りが悪化した場合に備えて、金融機関に対して、日本銀行当座預金に預かり資産の一定比率(準備率)以上を預け入れることを義務付けている制度。準備預金制度の準備率については、日本銀行政策委員会金融政策決定会合において設定・変更・廃止します。日銀当座預金に預け入れなければいけない最低金額を、「法定準備預金額」(または「所要準備額」)といいます。準備預金制度の対象となる金融機関が、法定準備預金額を超えて日本銀行に預けている当座預金または準備預かり金を、「超過準備」といい、超過準備に付く金利をマイナスにする政策をマイナス金利(政策)と呼びます。

準備預金制度の対象となっている金融機関は、銀行、信用金庫(預金残高1600億円超の信用金庫のみ)、農林中央金庫です。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます