T+3
(てぃーぷらすすりー)

カテゴリ : 

約定日の3営業日後に決済すること。Tは「Trade date」のことで証券や外国為替の売買が成約された日(約定日)を指します。「T+1」は決済日が約定日の翌日となる翌日決済のことです。本来、証券や外国為替をやりとりして決済するまでの間に時間差がないのが理想ですが、決済システムの関係で時間差が生じているのが現状です。日本の株式取引は「T+3」決済ですが、「T+1」決済に向けた証券決済改革を進めており、2019年7月16日から「T+2」になります。国債取引については、2018年5月1日約定分から「T+1」となりました。

国内のすべての証券取引所の金融商品の清算・決済は、日本証券クリアリング機構(JSCC)が担当しています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます