長期金利操作
(ちょうききんりそうさ)

カテゴリ : 

長期金利の指標である10年物国債の流通利回りを、日銀の国債買い入れの増減でコントロールすること。金利が低下(債券価格は上昇)し過ぎたら買い入れ額を減らし、上昇し過ぎた場合は購入額を増やします。

日銀は2016年9月、長期金利を0%に誘導することを金融政策の新たな目標に掲げました。中央銀行の金融政策は短期金利の操作を通じて行うのが一般的で、長期金利を操作対象とするのは異例です。日銀はこれまで、金融機関が日本銀行当座預金に預け入れる資金の一部に0.1%のマイナス金利を適用し、金融機関が資金を融通し合う市場の短期金利をマイナスに押し下げるマイナス金利(政策)を行ってきました。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます