種類株式
(しゅるいかぶしき)

カテゴリ : 

一般的な普通株式と権利の内容が異なる株式のこと。略して「種類株」ともいいます。株主平等の原則から、株主は保有する株式数に応じて同じ権利内容を持ちますが、会社法では例外として、普通株式よりも優先的、あるいは劣後した取り扱いを受ける株式の発行を認めています。こうした株式を種類株式といい、優先株黄金株などが該当します。会社法では9種類の種類株式が規定されています。企業(株式会社)にとっては、多様性のある資金調達が可能となっていますが、種類株式を発行する場合には、各種類株式ごとの発行可能株式総数などを定款で定める必要があります。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます