CGコード
(しーじーこーど)

カテゴリ : 

コーポレートガバナンス・コードの英語表記である「Corporate Governance Code」の略称。コーポレートガバナンス・コードは、「企業統治原則」ともいわれ、中長期的な企業価値の向上に向け、上場企業の経営者が取り組むべき指針です。安倍政権が2014年6月に策定した成長戦略に盛り込まれ、東京証券取引所や金融庁が中心に15年3月にまとめ、6月から全上場企業への適用を開始しました。複数の社外取締役選任や、持ち合い株など政策保有株の方針開示などで構成されています。また、18年6月に適用された新たな指針では、取締役会の構成について、女性や外国人など多様性を確保するよう求めたほか、企業同士の株の持ち合いの縮減を促した。最高経営責任者の選任・解任の手続きの客観性や透明性も求めています。

東証1部・2部に上場する企業は全原則に関して、新興企業向け市場のマザーズ、JASDAQの上場企業は基本的な5原則について、「コンプライ・オア・エクスプレイン(comply or explain)」として、順守する(comply)かどうかは自主性に任せつつ、順守しない場合には説明責任(explain)を果たすことが求められています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます