リキャップCB
(りきゃっぷしーびー)

カテゴリ : 

転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行により得た資金で自社株買いを行うという財務手法。リキャップとはリキャピタライゼーション(負債・資本の再構成)のことで、CBを発行して負債を増やすと同時に、自社株買いで自己資本を減らします。バランスシートの構成を変える際にCBを用いるので「リキャップCB」と呼ばれます。

リキャップCBを行うと、株主資本利益率(ROE)が上昇します。高ROE銘柄が株式市場で評価されていることから、ROEを高める目的で実施する企業が増えています。ただ、CBの権利行使が進むとROEが低下することから、企業が短期的なROE引き上げの手段としてリキャップCBを使っているとの指摘が多いため、東京証券取引所では実施の目的をきちんと説明するよう企業に求めています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます