決算監査
(けっさんかんさ)

カテゴリ : 

決算書の内容が正しいかどうかをチェックすること。金融商品取引法に基づき、上場企業は3カ月ごとに決算報告書を管轄する財務局に提出しなければなりません。報告書には監査法人による監査証明が必要です。監査証明に記される監査法人の意見や結論の表明には、報告書に問題がない「無限定適正」、一部に不適切な部分はあるものの、その重要度は高くない「限定付き適正」、不適切な場合の「不適正」、重要な監査手続きが行えず、適正、不適正が判断できない「不表明」があります。不表明でも報告書を財務局に提出できますが、東証上場廃止基準に抵触する恐れがあり、審査対象となります。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます