教えて!Q&A

Q&A

オーストラリア経済の長期展望

2014年10月10日

資源輸出が低迷しても豪州経済は大丈夫?

人口増加による消費の拡大は、長期的に豪州経済の成長を支える要因です。

■豪州の生産年齢人口は、移民の増加などにより長期的に増加が見込まれます。日本の生産年齢人口が増加している時期には、小売売上も拡大する傾向にありました。人口増加による消費の拡大は、長期的に経済成長を支える要因です。

■豪州のGDPの産業別内訳を見ると、鉱業が約11%、製造業が約8%、サービス業が約69%を占めています。サービス業や製造業では、近年企業による投資が低調でした。政府は、規制緩和やインフラ整備などを通じて鉱業に依存しない成長を目指しています。

【今後の展開】豪ドルは経済の拡大基調などに支えられ底堅い推移へ

■人口増加による内需拡大に加え、アジア各国との地理的な結びつきは引き続き強みです。資源は今後も輸出の中心ですが、教育や金融などでもアジアの成長の恩恵を受ける見込みです。豪州は長期的に比較的高い成長を維持しそうです。

■豪州国債は、財政健全化により高い信用力の維持が見込まれます。豪ドルは、主要国と比べ相対的に高い経済成長や高金利、国債への需要に支えられ、中長期的に底堅い推移が見込まれます。