マーケットレポート

MARKET REPORT

先週のマーケットの振り返り(2019/10/7-10/11)

2019年10月15日

1. 先週の市場動向

 

(出所)FactSet、Bloomberg L.P.のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

先週の市場の振り返り

<株式>
主要国の株式市場は上昇しました。米国株式市場は、米中が貿易協議で合意に達するとの期待から上昇しました。第1段階の合意として中国は400-500億ドルの米農産物を購入、米側の10月15日からの2,500億ドル分の対中制裁関税の25%から30%への引き上げが先送りされ、引き続き協議を続けることとなりました。NYダウは週間では0.91%上昇しました。日本株式市場は、米中閣僚級協議の進展期待や円安などを好感して、週間では日経平均株価は1.82%上昇しました。欧州株式市場では、米中貿易協議の進展期待や、英国のEU離脱問題の進展期待などからドイツDAX指数は4.15%、FTSE100指数は1.28%上昇しました。中国株式市場では、通商協議の進展期待が高まったことなどを好感して、上海総合指数は2.36%、香港ハンセン指数は1.89%上昇しました。

<リート>
グローバル・リートは、株式市場は上昇したものの、長期金利の上昇を受けてほぼ横ばいとなりました。

<債券>
米国の10年国債利回りは、米中が通商問題で合意に至るとの期待などを受けて、0.200%上昇しました。日本、ドイツ、英国の10年国債利回りも上昇しました。

<為替>
円は対米ドルでは、米中が通商問題で合意に至るとの期待などを受けて、1.26%下落しました。対ユーロでも米中貿易協議の進展期待などを受けて1.98%下落しました。

<商品>
原油価格は、石油輸出国機構(OPEC)の事務局長の減産を示唆する発言などを受けて3.58%上昇しました。

 

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

 

 

3. 先週のマーケット・デイリー/ウィークリー

☆先週の市場動向に関連する代表的な「グラフ・図表」 

 

4. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。