マーケットレポート

MARKET REPORT

先週のマーケットの振り返り(2019/11/4-11/8)

2019年11月11日

1. 先週の市場動向

 

(出所)FactSet、Bloomberg L.P.のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

先週の市場の振り返り

<株式>
米国株式市場は、中国商務省が、発動済みの追加関税を段階的に撤廃する方針で米国と一致したと発表したことから、昨年来の米中通商摩擦が沈静化するとの期待が高まり上昇しました。NYダウは史上最高値を更新し、週間では1.22%上昇しました。日本株式市場は、米中通商交渉の進展期待を受けた円安・米国株高や、9月の世界半導体売上高の前月比増加を受けた半導体市場の回復期待の高まりなどを好感して景気敏感株を中心に上昇しました。週間では日経平均株価は2.37%上昇しました。欧州株式市場では、米中通商交渉の進展期待などから上昇しました。ドイツDAX指数は2.06%、FTSE100指数は0.78%上昇しました。中国株式市場では、米中通商交渉の進展期待などを受け、上海総合指数は0.20%、香港ハンセン指数は2.03%上昇しました。

<リート>
グローバル・リートは、欧米の長期金利の上昇などを受け2.84%下落しました。

<債券>
米国の10年国債利回りは、米中通商協議への進展期待や、米10月ISM非製造業景況指数が改善したことなどから、0.231%上昇しました。日本、ドイツ、英国の10年国債利回りも上昇しました。

<為替>
円は対米ドルでは、米中通商交渉の進展期待や米国の長期金利の上昇などを受け、0.99%下落しました。対ユーロでは0.35%上昇しました。

<商品>
原油価格は、米中通商協議への進展期待などを受け1.85%上昇しました。

 

2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場

 

 

3. 先週のメキシコペソ市場

4. 先週のブラジルレアル市場

5. 今週の主な注目材料

※各経済指標・イベントは予定であり、変更されることがあります。