マーケットレポート

MARKET REPORT

トルコの金融政策(2017年9月)
金融政策は据え置き、トルコリラは底堅い推移【デイリー】

2017年09月15日

【ポイント1】金融政策は据え置き

据え置きは市場の予想通り

■トルコ中央銀行(以下、中銀)は14日に金融政策決定会合を開催し、現行の金融政策を維持しました。

■事実上の貸出上限金利として使用する「後期流動性貸出金利」は12.25%、主要な政策金利の翌日物貸出金利、1週間物レポ金利、翌日物借入金利はそれぞれ9.25%、8.00%、7.25%で据え置きました。金融政策の据え置きは、市場予想(ブルームバーグ集計)通りでした。

【ポイント2】足元の物価水準を懸念

引き締め的な金融政策を維持

■中銀は声明文で、トルコ経済について、内需の改善が続いていることや、ユーロ圏の需要拡大が輸出の増加につながっていることから、景気回復が強まったと評価しました。

■一方、物価については、現在の高めのインフレ率の水準は企業の価格設定行動に影響するリスクがあると指摘しました。中銀は物価見通しが大きく改善しない限り、現在の引き締め的な金融政策を維持するとしています。

【今後の展開】トルコリラは底堅く推移しよう

■トルコリラ相場は、16年7月のクーデター未遂事件を契機に対ドルで急落し、17年1月には過去最安値をつけました。その後、17年4月の国民投票で大統領の権限強化に向けた改憲案が承認され、政治的不透明感が後退したことなどから、対ドルで上昇基調にあります。足元は1ドル=3.43リラ台と、16年12月以来の高値水準に戻しています。景気回復や政治情勢の落ち着きに加え、中銀の引き締め的な金融政策と相対的に高い金利水準などから、トルコリラは当面底堅く推移すると見られます。

関連マーケットレポート