マーケットレポート

MARKET REPORT

最近の指標から見る中国経済(2017年10月)
7-9月期は堅調維持、17年の政府目標達成が確実に【デイリー】

2017年10月19日

【ポイント1】GDP成長率は+6.8%

通年で政府目標達成が確実に

■中国国家統計局は19日、主要経済指標を発表しました。2017年7-9月期の実質国内総生産(GDP)成長率は、前年同期に比べ+6.8%と、4-6月期(同+6.9%)から小幅に減速しました。

■1-9月期の実質GDP成長率は同+6.9%となったため、17年の政府目標「+6.5%前後」を通年で達成するのは確実と見られます。

【ポイント2】生産、消費はしっかり

固定資産投資は減速

■9月の鉱工業生産は前年同月比+6.6%と、8月(同+6.0%)から伸び率が拡大しました。7、8月の天候不順の反動もあると見られます。

■9月の小売売上高も同+10.3% と8月( 同+10.1%)から加速しました。インターネット販売が引き続き堅調です。

■一方、1~9月の固定資産投資は前年同期比+7.5%と、1~8月(同+7.8%)から伸び率が鈍化しました。約6割を占める民間投資が減速しました。

【今後の展開】景気は底堅く推移しよう

■以上をまとめると、実質GDPが小幅な減速にとどまり、9月の鉱工業生産や小売売上高が市場予想を上回るなど、7-9月期の景気は総じて堅調でした。

■共産党大会後の政府の政策運営に依存しますが、今後も景気は緩やかに減速しつつも、比較的底堅く推移する見通しです。

関連マーケットレポート