マーケットレポート

MARKET REPORT

最近の指標から見る中国経済(2017年12月)
景気は緩やかに減速するものの、底堅さを維持しよう【デイリー】

2017年12月14日

【ポイント1】固定資産投資は小幅減速

民間投資がやや減速 

■17年1~11月の固定資産投資は前年同期比+7.2%と、1~10月(同+7.3%)から伸び率が小幅に鈍化しました。

■内訳をみると、インフラ投資は同+20.1%と堅調でしたが、固定資産投資の約6割を占める民間投資が同+5.7%とやや減速しました。

【ポイント2】鉱工業生産も伸び鈍化

消費は底堅い動き

■11月の鉱工業生産は前年同月比+6.1%と、10月(同+6.2%)から伸び率が小幅に縮小しました。大気汚染の改善のため中国政府が実施した環境保護政策の影響を受けていますが、生産の減速は今のところ限定的です。

■11月の小売売上高は前年同月比+10.2%と、10月(同+10.0%)から伸び率がやや拡大しました。11月11日の「独身の日」のインターネットセールスが好調であったように、小売売上高は底堅さを維持しています。

【今後の展開】景気は緩やかに減速するものの、底堅さを維持しよう

■11月の固定資産投資や鉱工業生産の伸び率は引き続き前月を下回り、中国景気が緩やかに減速している姿が示されました。中国政府は10月1日から18年3月31日にかけて、地域限定で鉄鋼など一部の産業において環境保護のために生産抑制を行っています。この環境保護政策が当面景気を押し下げる方向に働くと考えられます。

■ただし、中国政府は積極的な財政政策の方針を維持しており、生産抑制が大きくなる場合には財政出動により景気を下支えするとみられます。今後も景気は緩やかに減速するものの、中国政府の政策調整により下振れは回避され、安定的に成長する見通しです。

関連マーケットレポート