マーケットレポート

MARKET REPORT

予想外に加速した中国経済(2018年3月)
投資や生産が予想を大きく上回る伸び【デイリー】

2018年03月14日

【ポイント1】固定資産投資は+7.9%

市場予想を大きく上回る

■中国国家統計局は14日、主要経済指標を発表しました。1~2月の固定資産投資は前年同期比+7.9%と市場予想(ブルームバーグ集計、同+7.0%)を大きく上回り、17年通年(同+7.2%)から伸び率が拡大しました。

■内訳をみると、固定資産投資の約6割を占める民間投資が同+8.1%と、17年通年の同+6.0%から加速しました。

【ポイント2】1~2月の生産は加速

小売売上高は減速

■1~2月の鉱工業生産は前年同期比+7.2%と市場予想(同+6.2%)を大きく上回り、17年通年(同+6.6%)から伸び率が拡大しました。生産は中国政府が実施した環境保護政策の影響を受けるとみられましたが、厳冬に伴い電力生産が急上昇したことなどから、全体として加速しました。

■一方で、1~2月の小売売上高は前年同期比+9.7%と市場予想(同+9.8%)を下回り、17年通年(同+10.2%)から減速しました。

【今後の展開】景気は緩やかな減速へ

■1~2月の固定資産投資や鉱工業生産の伸び率は、市場予想及び前月を大幅に上回り、中国景気が予想以上に堅調に推移していることが示されました。ただし、中国の統計は、春節(旧正月)休暇とその前後に経済活動が休止することが多いことから2カ月分をまとめて1~2月として発表されるため、通常より振れ幅が大きくなりやすいことに留意が必要です。

■習近平指導部は、企業債務の削減や環境規制の強化を掲げる一方で、質の高い経済成長を目指す方針を決定しています。今後は資源セクターの供給削減などの構造改革の進展に伴い、中国景気は鈍化が見込まれるものの、情報技術セクターの高成長が下支えするため、緩やかな減速にとどまる見通しです。

関連マーケットレポート