マーケットレポート

MARKET REPORT

米国の金融政策(2017年6月)
緩やかな利上げを継続、FRB保有資産の縮小にも言及【デイリー】

2017年06月15日

【ポイント1】政策金利を0.25%引き上げ

経済はほぼ完全雇用の状態

■6月13日、14日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、市場の予想通り政策金利(FFレート)の誘導レンジを0.25%引き上げ、1.00%~1.25%とすることを決定しました。

【ポイント2】政策金利見通しは据え置き

FRB保有資産の縮小計画にも言及

■声明文によれば、「労働市場は引き続き力強さを増し、経済は緩やかな成長を維持する見通し」です。この見通しに対する短期的なリスクは、前回FOMCと同様「上振れと下振れで概ね均衡」でした。

■ FOMC参加者による経済予想も大きな変更はなく、2017年、18年とも年3回の利上げが見込まれています(17年については、今回も含め既に2回利上げを実施しているため、今後あと1回の見通し)。

■今回のFOMCでは、約4.5兆ドルの米連邦準備制度理事会(FRB)の資産規模縮小、すなわち保有有価証券の償還金の再投資縮小を年内に開始する予定と述べました。具体的には、再投資をしない額の上限を当初は月間100億ドルとし、最終的には同500億ドルまで増やす計画です。

【今後の展開】緩やかなペースでの利上げ継続の見通し

■今回の声明文における金利政策の内容については、ほぼ想定の範囲内でした。米経済や金融市場の正常化が進む一方、物価上昇率が低い水準で推移すると予想されることから、緩やかなペースでの利上げ継続と、FRB保有資産の縮小が実施される見通しです。

■15日のニューヨーク市場では、当日公表された景気指標が低調だったうえ、FOMCで利上げが決定されたため、S&P500種指数、NASDAQ総合指数が下落しました。先行きの利上げ速度が緩慢と予想されるなか、今後は株価は景気・企業業績の内容を見極める展開になる見通しです。