マーケットレポート

MARKET REPORT

FRBは金融引き締めの終了を示唆(2019年1月)
年内で利上げ打ち止め、バランスシート縮小停止か

2019年01月31日

【ポイント1】政策金利は据え置き

全会一致の決定

■米国の連邦準備制度理事会(FRB)は、1月29日、30日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場の予想通り政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標レンジを2.25%~2.50%で据え置くことを決定しました。

【ポイント2】経済への評価も前回と同じ

景気と雇用は堅調、物価は安定


■国内経済の評価は、ほぼ前回と同じで、「景気と雇用は堅調な速度で拡大」、「物価上昇率は+2%近傍にとどまり、長期のインフレ期待にほぼ変化なし」でした。

 

【今後の展開】ハト派へスタンスを転換

■今回のFOMCのポイントは、金融政策に対するスタンスの大きな変更です。

■先ず、利上げについては、前回までの「幾分かの、さらなる漸進的な利上げが妥当」との文言に替わり、「抑制されたインフレ圧力等を踏まえると、今後の利上げを判断するうえで、委員会は辛抱強くなれる」という文言が挿入されました。会合後の会見でパウエルFRB議長が「インフレ加速のリスクは消滅」と述べたことを考え合わせると、利上げは終了と考えることができます。

■FRBのバランスシート(BS)縮小プログラムについては、パウエル議長が「プログラム終了の時期が早くなり、終了後のBSの規模も事前の想定より大きくなる見通し」と語っています。おそらく19年内にもBS縮小プログラムは終了すると考えられます。

■このようにFRBはスタンスを大きくハト派に転換しましたが、それを受けて30日の米国市場は大きめに反応しました。株価や債券価格は好感して上昇(債券利回りは低下)、外為市場では米ドルが日本円、ユーロといった主要通貨に対して下落しました。