マーケットレポート

MARKET REPORT

減速傾向が鮮明な米企業業績
10-12月期は大幅鈍化、1-3月期は減益の可能性

2019年02月28日

【ポイント】10-12月期は大幅に伸びが鈍化

■米企業の業績が急減速しています。調査会社リフィニティブによれば、9割超の企業が決算発表を終えた2月27日時点で、S&P500種株価指数に採用された企業の2018年10-12月期の純利益は前年同期比+16.6%となり、7-9月期の同+28.4%から大幅に伸びが鈍化しました。

■この背景には、中国や欧州の景気減速に加え、米中貿易摩擦の激化による関税引き上げやドル高などの影響があるとみられます。特に、売り上げが海外中心の企業で減速が目立っています。

【今後の展開】1-3月期は11期ぶりに減益の可能性も

■2019年1-3月期の業績は同▲1.0%と、2016年4-6月期以来、11期ぶりの減益が予想されています。中国や欧州景気の減速に伴う需要の減少、関税などのコスト増やドル高が引き続き収益を圧迫しそうです。

■企業業績が減速する中でも、米株式市場は今年に入り、連邦準備制度理事会(FRB)議長が利上げ休止を示唆したことなどから大きく反発しました。2月26日時点のS&P500種指数の予想株価収益率は16.6倍と、割安感はありません。今後の米株式市場の上昇には、業績面での上方修正などが必要とみられます。

関連マーケットレポート