マーケットレポート

MARKET REPORT

積極的な金融緩和策に加え、フォワード・ガイダンスを導入
足元景気回復に自信も、23年末までゼロ金利政策を維持

2020年09月17日

【ポイント1】フォワード・ガイダンスを導入

■米連邦準備制度理事会(FRB)は9月15日、16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標レンジを0.0~0.25%に据え置き、国債買い入れなどの量的緩和政策についても、今後、少なくとも現状のペースを維持することを決めました。

■また、FRBは今回の局面で初めてフォワード・ガイダンスを導入し、「労働市場の情勢がFOMCの雇用最大化の判断と一致する水準に達し、物価上昇率が2%に上昇して当面は2%をやや上回るところで軌道にのるまで」、ゼロ金利政策を維持するとしました。

【ポイント2】足元経済見通しは上方修正

■FOMC参加者の経済・金利見通しでは、GDP、雇用、物価上昇率ともに前回(6月)見通しから上方修正され、想定よりも早く回復軌道に戻っていることが示されました。一方、FOMC 参加者による政策金利見通し(ドットチャート)では、23年末までほとんどの参加者がゼロ金利維持としました。

■記者会見でパウエル議長は、「経済活動は4-6月期の落ち込んだ状態から持ち直してきたものの、全体の経済活動はパンデミック前の水準を大きく下回っており、先行きも極めて不確実性が高い」と、慎重な姿勢を示しました。

【今後の展開】ゼロ金利政策は相場の下支えに

■16日の米国株式市場はまちまちの動きとなりました。ダウ工業株30種平均はFOMCを受け一時上昇しましたが、その後は利益確定売りに押され、前日比37ドル高の28,032ドルで終えました。S&P500種株価指数とナスダック総合指数は下落しました。今回のFOMCの内容はある程度織り込まれたものでしたが、FRBが長期にわたりゼロ金利政策を維持する姿勢を示したことは、今後の相場の下支え材料になると考えます。

関連マーケットレポート